おむつなし育児: my life is vagabond.

2012年02月16日

おむつなし育児

中国ではあたりまえの「おむつなし育児」

うちではさすがに开裆裤(おしりに穴のあいたズボン、中国では赤ちゃんに履かせるのが一般的)
を履かせるわけにはいかないけど、半中国式でトライしている。

朝、離乳食もしくは授乳後の9時台におまるでうんち
夜、お風呂前におまるでうんち

を6ヶ月になるちょっと前からスタート。

この二回で、うんちをおむつにさせないのが理想!
なのだけれども、
まぁ、あんまりがんばりすぎたり期待しすぎたりするのはべべにかわいそうだから、
ゆるーくやっている。

というより、
中国のじじばばがまだうちに滞在しているから、
ほぼおまかせしてしまっている、ぐうたらハハなのです。

新生児のときから布おむつですごしているおかげか、
適応が速いべべ。

昔ながらのまあるいおまるに、抱いた状態でおすわりさせて、
「うーん」とおとながうながしてあげる。
それだけで、べべはうんち体勢に入ってくれて、
出てくる出てくるぶりぶりうんち!

おしっこは、まだこつがつかめず
「しー」とうながしてみるものの、
なかなか慣れませんね。。。

そうそう、こんな素敵な本を図書館でみつけたので、
おむつなし育児に興味のあるママさんたちにおすすめします。

   


まさに、中国ではあたりまえのことをただ実践するだけ。

「排泄コミュニケーション」ってうまい表現!

あたしも、早くべべのサインがわかるようになるとよいなぁ!


追記:
「おまるでうんち」は6ヶ月に入るちょっと前から始めたけれど、
「うんちんぐスタイル」でうんちをさせるのを始めたのは3ヶ月後半から。

ブーケさんの本にもあったけれど、
おむつなし育児を始めるのは6ヶ月に入る前からがベスト!らしい。

注:
中国では、开裆裤のおかげで家の中や街中
いつでも
どこでも
「トイレトレーニング」と意識せずに
自然にトイレができてしまうという
素晴らしい(けど不衛生な)育児が一般的
posted by marco at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。