my life is vagabond.

2012年02月19日

魔の夜泣きと昼夜逆転生活

3ヶ月に入ったくらいで、だいたい5〜6時間夜まとまって寝てくれるようになっていたべべ
しかーし、そんなしあわせも束の間。。。

4ヶ月すぎにはまた2〜3時間で起きてしまうという、
苦行の日々に舞い戻ってしまったハハまるこです 涙

中国から来てくれているじじばばが
家事や育児をお手伝いしてくれているおかげで、
まだなんとかカラダがもっているようなものの、
やっぱり、あちこちに不調が。。。

この冬、何度も普段ひかない風邪をひいたし
肩こり・腰痛・関節痛・骨盤のゆがみ
数えあげたらきりがないわーっと
子育てって自己犠牲なのねとしみじみ感じております
(でも、喜んでの自己犠牲ね!)

べべは、最近お昼寝が本気寝になる日が多くて、
夜ひどいときは1時間もたなかったり。。。

昼間ずーっとかまって遊んであげれればよいのだけれど、
じじばばは、かわいそうだから起こさないほうがよいという考えだし、
ずーっと相手してもらうのも負担にさせちゃうし、
まるこも昼間に片付けたいこと(家事だけじゃなくて、仕事も)とかがあるから、
なかなか思うような生活習慣にできずで。。。

なんか昼夜逆転してる!?


夜泣きをするのは、昼間受けた刺激を脳が処理するから成長のあかし
というのを聞いたのだけれども、
そんなうれしい現象もこう毎日続くと
あれれ、これはただの昼夜逆転じゃないのかしら?となる。

そして、ハハもコも
夜寝ないから、昼寝る。

そんな悪循環から抜けだせる日は来るのか!?


魔の夜泣きと昼夜逆転生活
まだまだ苦行は続きそうです。。。
posted by marco at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

おむつなし育児

中国ではあたりまえの「おむつなし育児」

うちではさすがに开裆裤(おしりに穴のあいたズボン、中国では赤ちゃんに履かせるのが一般的)
を履かせるわけにはいかないけど、半中国式でトライしている。

朝、離乳食もしくは授乳後の9時台におまるでうんち
夜、お風呂前におまるでうんち

を6ヶ月になるちょっと前からスタート。

この二回で、うんちをおむつにさせないのが理想!
なのだけれども、
まぁ、あんまりがんばりすぎたり期待しすぎたりするのはべべにかわいそうだから、
ゆるーくやっている。

というより、
中国のじじばばがまだうちに滞在しているから、
ほぼおまかせしてしまっている、ぐうたらハハなのです。

新生児のときから布おむつですごしているおかげか、
適応が速いべべ。

昔ながらのまあるいおまるに、抱いた状態でおすわりさせて、
「うーん」とおとながうながしてあげる。
それだけで、べべはうんち体勢に入ってくれて、
出てくる出てくるぶりぶりうんち!

おしっこは、まだこつがつかめず
「しー」とうながしてみるものの、
なかなか慣れませんね。。。

そうそう、こんな素敵な本を図書館でみつけたので、
おむつなし育児に興味のあるママさんたちにおすすめします。

   


まさに、中国ではあたりまえのことをただ実践するだけ。

「排泄コミュニケーション」ってうまい表現!

あたしも、早くべべのサインがわかるようになるとよいなぁ!


追記:
「おまるでうんち」は6ヶ月に入るちょっと前から始めたけれど、
「うんちんぐスタイル」でうんちをさせるのを始めたのは3ヶ月後半から。

ブーケさんの本にもあったけれど、
おむつなし育児を始めるのは6ヶ月に入る前からがベスト!らしい。

注:
中国では、开裆裤のおかげで家の中や街中
いつでも
どこでも
「トイレトレーニング」と意識せずに
自然にトイレができてしまうという
素晴らしい(けど不衛生な)育児が一般的
posted by marco at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

至福のアイロン時間

べべの洗濯物、殺菌のために毎朝せっせとアイロンをかけている。

暑かったころは、地獄の汗だく作業だったのに
寒い今は、至福のひととき!

小さな服とか靴下とかスタイとかガーゼとか布おむつとか
ぜーんぶ、ていねいにアイロンをかけて、ていねいにたたむ。

その時間すべてが、いとおしい!

ほんわかあったかなべべの持ち物たち

もう、数ヶ月後には(あるいはすぐに。。。)着れなくなってしまうものばかり!
べべの今を感じることができる、素敵なひととき


あした、べべはハーフバースデイだ。

元気に鼻水たらしておっぱいを吸うきみ

どんなによだれや鼻水や涙できたならしい顔をしていても、
べべはいとしいよ!

早く、一緒に同じおいしいごはんを食べれるようになるとよいなぁ!

離乳食、おかゆさんからはじめました。
りんごが大好きで、かぼちゃは大きらい
もう好き嫌いがあるなんて、赤ちゃんてなんてグルメなの!?


スタイのしみをながめながら、母はそんなことを思うのです。
posted by marco at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。