my life is vagabond.

2012年03月27日

子づれで台湾旅B

二日目

朝からバスに乗せられ、目印のシールを渡され、
これぞツアー!な一日。

市内のみどころを分刻みのスケジュールでまわる。
お決まりの免税店とお土産物屋さん、提携マッサージ店にて見事にお金を落とすカラクリ。

でも、自分たちで観光するよりも効率よくまわれた気がするから、
満足度は◎

故宮博物館の白菜と角煮が見たくてしようがなかった我が家の中国人も
大興奮で満足していたみたい^^

夕方に解放され、
タピオカ入りミルクティー考案の店と知らずに入った
春水堂にて珍珠奶茶(タピオカミルクティー)を堪能。
この春水堂は、おむつ換え台がなくてちょっと不便。。。
こどもトイレはあったのに!残念。


夕暮れあと、猫空から夜景を見るべくむかったのだけれど、
これは、明るいうちから来ていたほうが楽しかったのかも?

でも、ロープーウェイはおすすめです!

この日の夜市は饒河街をチョイス。
これも知らずに並んだのだけれど、
有名な「福州世祖胡椒餅」おいしかったなぁ!
お決まり臭豆腐や紅焼牛肉麺などいろいろ食べまくり、大満足な一日。


最終日、ホテルの近くの晴光市場をまわり、
丸林魯肉飯にて魯肉飯を食し、市場でいろいろ物色して、
〆にはタロイモのタピオカミルクティー。

とにかく、いろいろ食べまくった三日間。
べべはよくわからず連れ回された三日間。

ハハは台北をお気に入りの旅先に追加しましたよ。

もう少し大きくなったら、また一緒に遊びに行きたいなぁ!!!!!
posted by marco at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | さすらい・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

子づれで台湾旅A

安いツアーだったのに、わりと満足度が高かった今回の台北旅行。

出発は早朝、帰国は夜遅くで、二泊三日といえかなりフルに楽しんできた。

泊まったホテルは、山水閣大飯店というエコノミークラス。
アクセスがよくて、台北で一番?有名な士林夜市にはMRTだとすぐ行けちゃう便利なロケーション!

エコノミーだから、期待しすぎはよくないけれど、4人部屋は広くて悪くなかったよー!


士林夜市は初日の夜に行ってきたのだけれど、
おいしいごはんがたくさん!
安い雑貨や洋服がたくさん!

新しく生まれ変わって、とってもきれいなフードコートができてて、
初めてさんでもすんごく楽しめるところでした。

臭豆腐と蚵仔煎とソーセージがおいしかったなぁ!!!
まるこもビールが飲めたら最高だったのになぁ。。。残念!!!


そして、赤ちゃん&こども服のお店がけっこうあって、
べべの服を漁ってきたまるこです。

一着100元(300円弱)とかが相場かなぁ。


昼間は、お決まり鼎泰豊(上海のほうが個人的には好き)で小龍包を食べて、
永康街をお散歩して、永康牛肉麺館で紅焼牛肉麺を堪能し、
思慕昔でおばかな日本人観光客丸出しで寒いのにマンゴー雪花氷を食し、
食べてばっかりの一日目でした。


鼎泰豊は本店に行ってきたのだけれど、
「べべのおむつ替えをしたい」と言ったら、
従業員用の裏スペースにイスを並べて場所を作ってくれるという素敵な対応!
あとで、お客さん用女子トイレをのぞいたら、長蛇の列!
なので、おむつ台がトイレにちゃんとあるのかどうかは確認できなかったけれど、
台湾のひとはとってもやさしいから、困ったときは一声かけてみるとよいかもしれません。


台北について、詳しくはこちらのサイトをご参照あれ↓
台湾観光旅行ガイド 台北ナビ

これ、上海版もあるんだよぉ!
(上海に住んでいた時によくお世話になりました。ぺこり)
posted by marco at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | さすらい・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

子づれで台湾旅@

先月末、2泊3日で家族旅行にでかけてきた。行き先は、台湾台北!

お正月に、H.◎.Sさんに電話しまくって、やっとこさゲットした枠。
格安ツアーに参加してきました!

今回の家族旅行のメンバーは、だんな・まるこ・だんなのおば・べべの4名。
まだうちにいるだんなの両親はビザの関係で出国できないので、参加できず。。。

みーんな、初台湾!初ツアー体験!
(まるこは海外行きまくってるけれど、バックパック旅行ばっかりだったから、ツアー未体験。
だんなとだんなのおばは、ほぼ中国と東京だけの生活なので、海外は未知)

そして、べべは初飛行機!初海外!

生後6ヶ月でデビューしちゃいました^^

行きの飛行機はわりとおとなしく、
ちゃんとうんちもおしっこもトイレでしてくれたし、
いい子だったのだけれど。。。
帰りは超ぐずぐず!
バシネットに寝かされたことが気に食わなかったらしい 涙
となりの3ヶ月のおんなのこはほんとうにおとなしくていい子だったのになぁ。。。


台北は、飛行機で3時間半くらい。
沖縄に行く感覚?(行ったことないけど。。。)

なので、まるで国内旅行。
コトバも、北京語が普通に通じるし、日本語話すおじいちゃんおばあちゃんがいっぱいいるし、らくちん。
街の様子は、中国の都会に日本を少しまぜた感じ。

なので、違和感なく、とけ込めます。

そして、特筆すべきことは、「子連れにやさしい!」ということ。
松山空港には、きれいな授乳のできるスペースが完備され、
バリアフリーもきちんとしている。

MRTと呼ばれる地下鉄のようなものは、エレベーター・エスカレーターがきちんとついているし、
主要駅には、授乳室もある!
小さな子連れやお年寄りにはささっと席を譲ってくれる!

そのせいか、ベビーカーや車いす利用者が東京よりも多いような気がした!

なんだか、「やるじゃん!台北!」て思ってしまった!

今回は、エルゴで来たから、ベビーカーは使わなかったけれど、
次もし赤ちゃんの間に行く機会があったら、
ベビーカーでもよいなぁと感じたまるこでした。
posted by marco at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | さすらい・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

魔の夜泣きと昼夜逆転生活

3ヶ月に入ったくらいで、だいたい5〜6時間夜まとまって寝てくれるようになっていたべべ
しかーし、そんなしあわせも束の間。。。

4ヶ月すぎにはまた2〜3時間で起きてしまうという、
苦行の日々に舞い戻ってしまったハハまるこです 涙

中国から来てくれているじじばばが
家事や育児をお手伝いしてくれているおかげで、
まだなんとかカラダがもっているようなものの、
やっぱり、あちこちに不調が。。。

この冬、何度も普段ひかない風邪をひいたし
肩こり・腰痛・関節痛・骨盤のゆがみ
数えあげたらきりがないわーっと
子育てって自己犠牲なのねとしみじみ感じております
(でも、喜んでの自己犠牲ね!)

べべは、最近お昼寝が本気寝になる日が多くて、
夜ひどいときは1時間もたなかったり。。。

昼間ずーっとかまって遊んであげれればよいのだけれど、
じじばばは、かわいそうだから起こさないほうがよいという考えだし、
ずーっと相手してもらうのも負担にさせちゃうし、
まるこも昼間に片付けたいこと(家事だけじゃなくて、仕事も)とかがあるから、
なかなか思うような生活習慣にできずで。。。

なんか昼夜逆転してる!?


夜泣きをするのは、昼間受けた刺激を脳が処理するから成長のあかし
というのを聞いたのだけれども、
そんなうれしい現象もこう毎日続くと
あれれ、これはただの昼夜逆転じゃないのかしら?となる。

そして、ハハもコも
夜寝ないから、昼寝る。

そんな悪循環から抜けだせる日は来るのか!?


魔の夜泣きと昼夜逆転生活
まだまだ苦行は続きそうです。。。
posted by marco at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

おむつなし育児

中国ではあたりまえの「おむつなし育児」

うちではさすがに开裆裤(おしりに穴のあいたズボン、中国では赤ちゃんに履かせるのが一般的)
を履かせるわけにはいかないけど、半中国式でトライしている。

朝、離乳食もしくは授乳後の9時台におまるでうんち
夜、お風呂前におまるでうんち

を6ヶ月になるちょっと前からスタート。

この二回で、うんちをおむつにさせないのが理想!
なのだけれども、
まぁ、あんまりがんばりすぎたり期待しすぎたりするのはべべにかわいそうだから、
ゆるーくやっている。

というより、
中国のじじばばがまだうちに滞在しているから、
ほぼおまかせしてしまっている、ぐうたらハハなのです。

新生児のときから布おむつですごしているおかげか、
適応が速いべべ。

昔ながらのまあるいおまるに、抱いた状態でおすわりさせて、
「うーん」とおとながうながしてあげる。
それだけで、べべはうんち体勢に入ってくれて、
出てくる出てくるぶりぶりうんち!

おしっこは、まだこつがつかめず
「しー」とうながしてみるものの、
なかなか慣れませんね。。。

そうそう、こんな素敵な本を図書館でみつけたので、
おむつなし育児に興味のあるママさんたちにおすすめします。

   


まさに、中国ではあたりまえのことをただ実践するだけ。

「排泄コミュニケーション」ってうまい表現!

あたしも、早くべべのサインがわかるようになるとよいなぁ!


追記:
「おまるでうんち」は6ヶ月に入るちょっと前から始めたけれど、
「うんちんぐスタイル」でうんちをさせるのを始めたのは3ヶ月後半から。

ブーケさんの本にもあったけれど、
おむつなし育児を始めるのは6ヶ月に入る前からがベスト!らしい。

注:
中国では、开裆裤のおかげで家の中や街中
いつでも
どこでも
「トイレトレーニング」と意識せずに
自然にトイレができてしまうという
素晴らしい(けど不衛生な)育児が一般的
posted by marco at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。